家康の愛したお茶だって、美味しいのかな?!?

ここでは、家康の愛したお茶だって、美味しいのかな?!? に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
熟成本山茶 家康の愛した本物 一杯いかがですか -izaニュースより-

「静岡市の「熟成本山(ほんやま)茶」は、徳川家康が愛した逸品。駿府で晩年を過ごした家康は、春に採れたお茶を標高1167メートルにつくった蔵で保管して、晩秋に城へ運ばせたという。いま、年間約40キロしか生産されていない。澄んだ黄金色の茶を口に含むと、さわやかな香りが口一杯に広がった。」
izaニュースより一部引用

どんなお味なんでしょうね。

お茶って、茶葉がいくら上等でも、入れ方が良くなければ、美味しくないんだろうけれど(爆)

上手に入れられると、まったりと甘く感じるらしいけれどねぇ…一度もそんな風に感じたことないです、ハイ(苦笑)

熟成本山茶と言うのは、知らなかったけれど、静岡茶なんですね!

家康が愛したお茶って言うからには、とっても気になるけれど、この茶葉を買う前に、まずはお茶の入れ方をお勉強、かな(笑)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。